2021年6月19日土曜日

ワシは表現の自由を尊重するから、オマエが何を言おうと勝手だし尊重するが、ワシも勝手なことをほざかしてもらう

  っていうのが、表現の自由に対するワシの基本的な姿勢である。

 なので、アホがアホなことを言ってても無視すれば良い状況なら、どうぞご自由にご発言いただければよろしいかと。

 だだ、以前も書いたように放っておくと、小うるせぇアホゥの意見がとおって、変な方向に表現の自由がねじ曲げられたりもしているのを散見するので、アホには「アホなこと言うな!」と苦言を呈しておかねばならんと偏屈ジジイは思うのである。

 最近、とあるアニメで女子高生が原動機付二輪に二人乗りするシーンがあって、それに対して「犯罪を容認するかのような表現で問題だ」と創作物の世界と現実世界が区別できてないアホがアホなことを言い出して、問題になってた。

 誰だか知らない人だったけどある芸能人が「ルパン(三世)見るときに、あれは窃盗だ!けしからん、って批判しながら見るか?」って、アホ以外みんなそう思うであろう至極当たり前のことを言ってくれたようで、世の中アホばかりじゃなくて助かりますと胸をなでおろしたところである。

 原付二人乗りは道路交通法に違反しているだろう。でも、若いときのそうたいして人に迷惑かけるわけじゃない”お痛”は青春の一ページを彩る一コマなんじゃないの?立ち小便一つ罪を犯してないんかいな?この程度のことをあげつらうヤツラどもは?

 真似をして実際に二人乗りをして事故でも起こしたらどうするんだ?とか言い出すアホがいるだろうけど、そんなもん真似をするにしても、善悪の判断は自分でするはずで、その罪が真似された作品に帰するわけがない。”原付二人乗りを真似するといけないから「ローマの休日」を発禁にする”とかと、本質的に言ってることは一緒。

 以前書いたことの繰り返しになるけど、殺人やら盗みやら、およそ犯罪や暴力、悪行を真似されるから表現物に認めるべきでない、とか言い始めたらそもそも「聖書」とかからして、兄弟で殺し合ったりするし、磔刑にあったあと生き返るとか嘘ばっか書いてて、真似したらどうするんだッテ話だけど、ソリャ真似するヤツがアホなんやろって話で、表現物の中でさえ暴力や犯罪を認めないっていうアホの主張に付き合ってると、なんも読むモノも観るモノもなくなるって話。アホが自分で選ぶ作品を、暴力も犯罪も出てこない日常系とかばかりにするのは勝手だけど、オレの観る作品にまで規制とかかかり始めると、思いっきり暴れたくなる。

 それでも日本はだいぶマシなようで、地上波放送で人の首が飛ぶような暴力表現があるアニメとか、アメリカとかでは考えられないようだけど日本じゃ深夜アニメなら珍しくもない。だからといって日本で人の首飛ばす犯罪が多いかっていったらそんなわきゃないよね。表現物の影響で犯罪が起こるとか、まあドラマの影響でバタフライナイフが流行って傷害事件とかも起きたけど、ああいうのもバタフライナイフ規制したから傷害事件が減ったかっていえば、刃物ぐらい家に帰って包丁持ってきてもいいいわけで、刺すヤツはバタフライナイフなくても刺すんだろうって思うけど違うのか。

 それでも、日本のアニメは暴力的表現への規制とかが少ないっていうのは、アメリカとかに比べるとずいぶんましなんだろうとは実感してて胸をなで下ろすところである。何しろNHKでやってたアニメ版「ヴィンランドサガ」で、直接的な描写は避けてたけど、ヴァイキングどもによる村中皆殺しなんていうのも皆様の受信料で放送している公共放送でちゃんとエピソード飛ばさずに描写してた。そうじゃなきゃ意味がない。あのヴァイキング達の略奪、暴力、謀略、血と腸で描写された恐ろしさ禍々しさがあるからこそ、そんな中でも発揮される人間の魂の尊さや、主人公の向かおうとする道の清さ正しさが際立って心に訴えかけてくるものがあるのである。日本のアニメは自由を失わないで欲しい。それさえあれば”クールジャパン”とかわけ分からんこと言って売り出さなくても、勝手に世界中のオタク共が買ってくれるだろう。

 アメリカの、アニメに限らず表現物は、近年”ポリコレ”とかいうやつに苦しめられているようで、向こうのオタクどもの嘆きがネットで紹介されているのとか見ると心底同情する。

 ”ポリコレ”はポリティカル・コレクトネスの略だそうだけど、少数者や弱者にも配慮しなければならないっていうのが基本思想なんだと思う。けど、どうもヨソの国のことだから岡目八目でよく見えてる気がするんだけど、行きすぎたポリコレで表現物ががんじがらめに縛られて不自由になってるように見受けられる。典型例が映画の配役で、一定数黒人やらヒスパニックやらアジア系やらを入れないと社会正義の戦士様あたりに怒られるんだそうな。なんちゅうか運動会で手を繋いでみんなでゴールみたいな馬鹿臭さ。基本的に人種が違えども皆平等であるハズで、良い俳優が実力で役もぎとったら、人種的には様々な人種だったっていう結果になるのが理想だろうとは思う。思うけど逆はないだろ、最初に人種枠があってそれで配役にありついてどうする。実力でもぎとらんかい。

 アニメだともっと悲惨で、適当な配役ができなかった的な言い訳がしにくい。何せ描けば良いんだから。最近のアメコミ(あっちのマンガ)のキャラクターで人種も色々、体型や性的なものも配慮して、要するにデブもゲイもいるヒーロー戦隊ってのが紹介されてた。デブの主人公が居てもいいし、ゲイの登場人物が居ても不思議でも何ともない(同性愛とかが変態でも何でもなくて”割と普通”だということは以前書いた)。でもそれを話の設定から必要で出すのなら良いけど、”出すことありき”で役を用意するとかし始めると、例に出されてたアメコミヒーローの見た目からしてもうコレはダメだ感が漂ってたぐらいで、まあつまんないものになるだろう。

 ”ポリコレ”が大事だと思う人達は、そういうことが配慮された作品を見て、配慮されてない作品は見なければ良い。あるいは見て批判するのまでなら、どうぞご自由にっていう、それだけのことだと思うんだけど、ポリコレなんてクソ食らえと思う人が楽しんでるような表現作品を規制したり、排除しようとするのはやめてくれって話である。アンタらは観たいモノを観て、ワシらも観たいモノを観る。それで良いじゃないかと思うのに、世の中には自分が認めないモノをなきものにしようと一生懸命になる小うるせぇ輩が多くて嫌になってくる。

 ただちょっと救いがあるのは、そういうスポンサーの手前もあっての自主規制的な圧の中でも、表現者は何とかして良いものを作ろうとしてて、バットマンの新シリーズの黒人主人公は結構格好いいと評判のようである。バットマンネタでは日本のマンガで「ワンオペ・ジョーカー」というバットマンを赤ちゃんにして無力化してしまうことに成功したジョーカーが、強敵の居ないつまらなさに耐えかねて、バットマンを男手一人で育てるという喜劇があって、「さすがジャパンはオレたちの思いもよらないことをやってくれるゼ」と海外のオタクどもに絶賛されてた。

 あと、ポリコレをおちょくってる作品も散見されるようになってきてて、日本のマンガでもあからさまに真っ黒に塗った登場人物がいきなり出てきてクスッとさせられたり、米国の「サウスパーク」っていうアニメのゲームでは、キャラクターの肌の色が選択できて、色が濃いほどゲームの難易度が上がる設定だったりとか。なかなかキツめにシャレが効いている。

 表現の自由は、基本的にそれが実際に犯罪を犯して表現したモノでなければ、犯罪を描こうが何しようが勝手だと思っている。その表現というもののなかには「表現の自由は制限されるべき」という表現も含まれているという矛盾がもともとあるんだと思う。最近重要な概念として、「多様性」というのが思想や表現についても重要視されるようになっていると思うけど、同じように多様性を認めるなら「多様性を認めない」という思想も認める必要がある。などと、矛盾した思考の堂々巡りに陥りがちなんだけど、結局、我々が表現物を楽しみ受け取る姿勢としては、面白いモノを面白いと賞賛し、つまんねぇものをツマンネェと批判し、観る価値もないと思うモノは観ない。という個人的な楽しみに帰り着くのではないかと思う。そこだけしっかり確保して間違わなければ、表現者は多少制限かかったぐらいでへこたれないと思うので、どうにかなりそうな気がする。

 描きたいモノがある人間は、両手縛られたって、涙を絵の具に足の指で鼠を描くぐらいに、もうどうしようもなくあふれてくる情熱で、なんとしてでも自分のなんか奥の方からか浅い所からかわからんけど湧き出してくるモノを表現せずにいられない。古今東西そうやって溢れ出たものが、芸術・娯楽として多くの人を楽しませ感動させ、あるいはひんしゅくを買い目を背けさせてきた。それはいずれにせよとても”人間的”な人をして人たらしめているような大事なことだとワシャ思う。

 そういう大事な営みを、よくわからん正義感みたいな頓珍漢な屁理屈にもなってないような言いがかりでもって、変な方向にねじ曲げようとするアホどもの行いは、人が営々と営んできた芸術とか文化に対する冒涜でしかないと、多様な考え方のある中でワシは考えて、自由にお気楽にブログに書いているのである。

2021年6月13日日曜日

ねこまんま-ナマジのビンボ飯猫飯篇-

 冒頭右の写真例のように冷や飯に温め直した味噌汁ぶっかけて余り物で一食やっつける、というのはビンボ飯的には非常に良くある場面で、ぶっちゃけ割と美味しかったりするし手間はかからんし、残りモンだから節約にもなるしで実に素晴らしい。飯に味噌汁ぶっかけた系の汁かけ飯は洗う食器も少ないし良いことずくめなんだけど、一般的には「猫飯」と呼ばれて犬畜生の餌の形式でありお行儀が悪いとされてたりするが、かまうもんかと思ってる。

 ところで、「猫飯」って西日本と東日本で別のものを言うってご存じだろうか?例外もあるようだけど西日本では一般的に今紹介した味噌汁かけ飯のことだけど、東日本では上の写真の左側のように白飯にかつぶしと醤油を掛けたものをそう言うらしい。ワシも後者は小説かマンガかで初めてかつぶしご飯もそう呼ぶらしいと知って微妙に違和感を覚えたように思う。

 犬猫、昔はこんな餌で飼ってたって言うと、今時のペット業界の嘘に騙されてる人々は驚くかも知れないけど、犬猫は炭水化物消化できるのでこの手の餌でもちゃんと育ちます。以前「犬も猫も人間との長い共存の歴史の中で炭水化物を消化する能力を手に入れている」的なことを書いたけど、ゴメン嘘ついてました。犬はそもそも祖先のオオカミの仲間からしてちょっと雑食ですね。スペインだったかで一時は絶滅したオオカミを再導入したっていう話を追っている記録映像を観たんだけど、葡萄農園に定点カメラが設置されていて、葡萄食いに来るネズミでも狙ってるのかと思ったら、あっちの葡萄は作業しやすいように低い棚に枝が伸びてて、そこにぶら下がってる葡萄の実をオオカミがヒョイパクしてて、そういや狐が「あの葡萄は酸っぱいに違いない」って言ったって話があるくらいで、犬科の肉食獣って割と植物質のモノも食べるんだなと認識を新たにしたのを思いだした。味噌汁やらは塩分過多だとか五月蠅いこと言う”ペットフード警察”もネット上では良く目にするけど、そんなもん人間にも塩分多めだろうし腎臓に悪かったりするのかもだけど、いちいち味噌汁飲むときにそんなの気にしてたら飯がまずくなるって話で気にしすぎだと思う。あからさまに毒になるタマネギとか入ってなければ気にする程かと。

 とはいえ、我が家では愛猫コバンには猫飯を与えてはいない。なぜなら食べないから。元野良でずっとご近所さんにもらってたカリカリと魚屋さんのゴミあさりと我が家からの提供による新鮮な魚のアラで育ってきたので、ご飯とかパンとかこっちが食べてると興味引かれるようで食べたそうにちょっかい出してくるけど、食べるかなとちょっと摘まんであげると意外に食べない。ただなぜか麺類は気に入ったようで素麺とかはアグアグと食う。

 そんなコバンの好物は、アジの頭で野性的にバリバリと食ってくれるんだけど、最近、近所漁港は”禁漁”で水揚げが無いので、たまにセイゴの焼いたのを食べさせてるけど基本カリカリした固形餌を食べさせている。魚を主食に与えてると、おやつ的に与えるカリカリは喜んでがっつきすぎてたまに吐いてるぐらいの勢いで食べるんだけど、毎日カリカリだと飽きてきて食いが悪くなって、皿にいつまでも残ってたりする。沢山食うのは健康の基本だと思うので、たまに残ったカリカリの上にイナバの”チャオチュール”をネリネリッとひねり出して食欲を誘ってやると、見事にチュールだけ舐めとるように食べてて笑える。チュール恐るべし。

 猫用なのでチョイ塩分薄めだけど、味見してみると確かに美味いんだコレが。昔、猫缶も食べたことあるけど、普通に塩味薄めのツナ缶にちょっと手を加えたものって感じで、醤油掛けたら普通に食えたのも思い出す。そういえば映画「マッドマックス」の2だったかで主人公マックスが缶詰の犬の餌開けてまず食べて、次に愛犬に食べさせて、その後元々敵だった手下に食べさせるって場面をなぜか良く憶えている。当たり前だけど犬猫が食って健康上問題ないように作られてるペットフードは人間も食える。人間の食品とは基準が違うはずだけど、原材料表示の義務とかは一緒なので、わざわざ健康に悪いようなものを使用・添加して得られる利益があるとは考えにくい。

 チュールはペースト状なので、これパンに塗ってオーブンで焼いて食ったら旨いンと違うか?という気がしたので、早速試してみた。一本14gと少ないので、塩気を足して増量するために適当にマヨネーズも捻ってみた。当たり前に美味しい。美味しいんだけど14g4本で200円弱で安くはなく、全然ビンボ飯ではない。これは猫缶でも同様で、まあ原材料一緒なんだから当然だけど、猫缶安売りで買うのなら人間用のツナ缶安売りで買った方が安いように感じる。猫様に食べていただく高級品をワシのような貧乏人が日々の糧として食って良いわけがない。

 とはいえ、同じ猫様用の餌でもカリカリは安い。今買ってるのは2.3キロ500円位である。100グラム当たり20円強。コレは蛋白源としては安い。まあぶっちゃけ原材料が大豆小麦主体なんで肉の代わりにはならんだろうけど、保存が効くしコレが美味しく食えるとなったらビンボ飯的には色々とはかどるだろう。

 まずは、そのまま摘まんでカリカリといただいてみる。うん、あれだ食えなくはない。食えなくはないんだけど美味くもない。っていうかなんだろ?この酸味と妙な香辛料臭さは?香辛料なんか猫が好むわけないからそれこそ”ネコにコバン”だろうと疑問に思って原材料表を読んでみると酸化防止剤としてトコフェロール(ビタミンE)とともにローズマリー抽出液というのが入っているらしい。ローズマリーか、なるほどそう言われればそんな感じの臭いのような気がする。

 まあ、材料に混ぜて料理してしまえばどうにかなるか?ととりあえず、肉の代わりの具にしてみようと、お好み焼きの具にしてみた。

 まずくはないけど、そのまま囓った時の食感がそのまま残ってるので、やっぱり美味しくもない。

 まあこの程度の料理で美味しく食べられてしまうのなら、この安価な食材?を使った料理がもっと広く人口に膾炙していてしかるべきで、あんまりそういう話を聞かんということは、あんまり美味くもない代物だというコトなのだろうか。

 っていう結論で終わっても良いンだけど、この程度で諦めて良いのか?諦めたらそこで試合終了ですよ、と心の中で安西先生が叱咤激励してくれるので、何か手はないかと考える。

 ”逆に考えるんだ”香辛料臭さをどうにかしようとするんじゃなくて、香辛料が効いた料理にしてしまえば良いンだ。

 と方針を決めて、香辛料を効かせるなら手っ取り早くカレーだなと、本場インド産の何年モノかすでに忘れたけど冷凍庫から出すと今でも辛いカレー粉を振りかけて、めんつゆで味付けてお湯でふやかしてみた。大豆と小麦という”粉モン”が主原料だから、肉の代わりは無理でもカレーの”ルーの代わり”はつとまるんじゃなかろうか?っていう着想は我ながら鋭いと思ったんだけど、鉢の中でふやけたカリカリは、なおも独特の酸っぱさと香料臭さを発揮してて、本場インドのカレー粉が負けそうになってて依然として食えなくはないんだけど美味くもない代物の域を出ない。

 こりゃ、どうにもならんのかもなと半ば諦めつつも、ラップをかけてレンジでチンしてご飯にかけてみた。

 うん、どうにもなってないな。

 猫様って、もっと美食家だと思ってたけど、こんなもん喜んでカリカリ食ってるっていうのは、どうも人間のような意地汚い生き物とは味覚が違うのか、やっぱり適切にタンパク質脂質が含まれていればなんでも食うんだろうか?分からん?分からんということが分かった程度しか分からんなこりゃ。

 今回、絶対おんなじようなこと試してネットに上げてる人は居るだろうと思ったけど、自由な発想の足かせになるだろうからそういうのは検索せずに独自路線でやってみたけど、誰か上手い料理方法を思いついた人とかいるんだろうか?まあ気が向いたら今度検索してみよう。

 とはいえ、カリカリも食おうとおもえば食えなくはなく、カレー味のも完食したけど当然食った後にお腹壊したりとかもなかったので、カリカリの備蓄は、災害時愛猫のための餌となり得るとともに、マックスがそうしたように、極限状態で相棒と友に生き延びていくための糧となり得るというのが分かって、そういう状況に陥りたくはないけど、いざとなったらカリカリ食ってでもコバンと共に生きていこうと思うのであった。

2021年6月5日土曜日

コロナ禍で持病が悪化!さらにPENNの部品供給体制に暗雲が!! 

 コロナ禍で緊急事態宣言が6月20日まで延長される中、当然のようにそれにあわせて港の”釣り自粛”の看板の日付もペタッとテープ貼って更新されてて、豆アジはよ釣りたいのにどうにもならず、シーバスはセイゴも狙うと難しいもんで思うようには釣れず、チヌなんか初めっからアテになるほど釣れる魚じゃないのは良いとして、我が心のオアシスであったウグイちゃんまでなんか今年は難しくて、にっちもさっちもいかない状況。

 ってのが先日の素晴らしい釣果までは、ゴールデンウィーク前ぐらいからダラダラと続いていて、魚が釣れないと悪化するのが”スピニング熱”というのは、もうガチガチ鉄板のお約束で、売るほどリール持ってるくせに、それでもなんか出物はないかとネットの海をさまよって、程度悪いけどものは試しにと3300円で入札したら3100円で落札できてしまったのが、冒頭の写真の「PENNスピンフィッシャー712」。大きさ的には4400ssと同じぐらい、っていってもPENN使いの人にしか分からんと思うけど、カージナルC4とだいたい同じ大きさで2号か3号のナイロンライン巻いてシーバス狙うような大きさ。4400ssも売って整理したけどそれでも4台確保してあるし、カージナルC4もあるし大森なら”No.2”の大きさだけどそれも何台も蔵に転がってる。落札して届く前には既に”やっちまった”と反省する。インスプールで緑の712と黒金の712zはそんなに需要があるとも思えないんだけど、弾数も少ないのでネットオークションに出ると7,8千円はしてて意外に値が張るんだけど、今回安かったのは銘板が落っこちてるのはPENNではある種お約束なのでまだ良いとして、本体の背中と足下に名前を電気でバチバチと彫る方式で彫ろうとして失敗してて、なんて書いてあるのか良く分からんローマ字が掘ってあるというとってもよろしくない見た目が原因。ワシの場合PENNはインスプールでもあくまで”実用機”扱いだけど、普通の人はこの手のインスプールのスピニングは古き良き時代を楽しむための”アンティークタックル”として求めるわけで、こうも外見が悪いと整備して売りさばこうにも買った値段以上の値段が付く未来がまるで予想できない。送料入れて4千円チョイ、それだけあれば大豆製品ばっかり食ってないで肉かなんかでも食えたはずである。

 ということで売れないとなったら使うことを想定してスペアスプールでも確保するかと、その他の部品在庫も確認しておきたくて「Mystic reel parts」さんのホームページを開いて、衝撃を受ける。普段ワシ英語のサイトは英語能力が貧しい限りなのでグーグルクローム様の自動翻訳で「常に日本語に翻訳」で閲覧してるんだけど、たまたまクローム様の更新に伴って設定が初期化されてたのか原文で表示されて、コレまでコロナ禍関連で海外発送について「完全に停止しました」となってるのを見て、早くコロナ禍終息して発送再開して欲しいな、と無邪気に思ってたんだけど、原文には「Stopped Permanently」となってる。パーマネントリーってワシの英語能力では知らんだけで”完全に”って訳すのか?美容院でかける”パーマ”はパーマネントウェーブの略ってぐらいで、意味的には誇大広告だと思うけど”恒久的な巻髪”っていうような意味で、”恒久的に”今後も基本的にずっと続きますっていう意味だろって、詳しい説明のページに飛ぶと、「郵便料金高なったし、関税も高いし、運送は遅延が多いし、クレームが多くてうちとこみたいな中小企業では海外発送対応はもう対応ようしまへん。世界のお客さんスンマセン。米国にある輸入代行業者とか使ってください。」っていうようなことが書いてある。そんな殺生な!郵便料金の改定とか5年は前の話だと思うので直接的な引き金はコロナで物流が混乱したのが原因だろう。ワシ的にコロナ禍において魚港の実質禁漁の次に被害がデカい。基本的に今保持しているスピンフィッシャーの部品は一生使う分を想定して在庫していて、欲しいのは予想外に出番が増えたインスプールの714zと720zのベールスプリングぐらいだったので、まあそういうことならと速攻で「須山スプリング」さんに現物見本送って10個ずつ作ってもらう注文入れたんだけど、長期的にはどうにかせねばなと、輸入代行業者も調べてみたりした。けど、使うとなると面倒くせぇし当然手数料が掛かって割増になるしで、ミスティックさんにはコロナ禍終息後で良いので国際配送是非復活お願いしたいところである。泣けてくるぜまったく。このコロナ禍に海外発送遅れたりなんだりでミスティックさんにクレーム入れるのが馬鹿ってもので、そんなもん状況考えたら想定できるだろって話で馬鹿のせいでエラい迷惑である。まあスペアスプールは34ドルもしてて、送ってもらったら中古で一台買えるぐらいにはなるので現実的じゃないようでもあるけどね。古い製品のことで今のPENNの輸入元のピュアフィッシングジャパンが何とかしてくれるともおもえんしな。

 というわけで、中古で”部品取り個体”とか部品そのものを探すのもありかなと考えるにしても日本じゃ弾数少ないし米国中心のネットオークションなら「イーベイ」かなと思うも、イーベイに出品してる人も”海外発送いたしません”って人が多いので、ちょっと調べたらこれも代行サービスはあって、送料を節約するのに向こうで留め置いてまとめて配送とかもしてくれるらしい「セカイモン」とかいうところに登録してみた、けど眺めてみると米本国でのPENN需要はさすがに侮りがたく、けっこう強気のお値段設定で手数料送料かけてまで手が出るようなのはなかなかないのが実態のようだ。まあこれは金に糸目をつけない背に腹かえられない事態用だなといまのところ思うんだけど、登録しちまったら覗いてしまうのでひょっとしたら既に足がズボッとはまってしまっているのかもしれない。704の古いのとか、米本国じゃZの復刻版が出たぐらいの人気があって超売れたんだろうとは思うけど弾数多くてそそられるものはある。

 

 ちゅうわけで、スペアスプールも入手の目処はたたず、売って元が取れる筋も見えてこずでどうしたものかと思うけど、まあ手元に来ちまったものは仕方ないということで、まずは分解清掃して使える状態に復旧しておくかと、久しぶりの全バラし整備にちょっとウキウキ。プラモデルなら組み立てるだけだけど、リールだと分解して掃除して注油して組み立てってできてとってもお得だと考える、のはさすがに無理があるけど楽しくはある。これがまた、この時代のPENNは超単純明快で、部品数50ぐらいしかないのでサクサクと分解してパーツクリーナーでシュッシュと古いグリスを落とした状態がこの写真。ハンドル軸周りのギアが抜けてないのがご愛敬だけど不安になるぐらい部品数少ないのがおわかりだろうか?ベールレス機の「706z」だとさらに部品数少ないし、第4世代の逆転防止周りを一方通行のベアリングだけにして逆回転無しに割り切った「430ssg」も部品の少なさでは良い線いってるけど、部品数50ぐらいって、銃の世界だと「コルトガバメント」がそのぐらいの部品数で、製造も整備も簡単なので100年から前の設計だけど、今でもライセンス生産で途上国とかで造られてその国の軍や警察が使ってるとかいう話を聞く。単純で信頼性の高い道具は武器でも釣り具でも現場で長く愛されるっていうのは同じなんだなと実感できる。

 見ても分かるように、緑の時代のZの付かない古い機種で、まずは細かい所で恐縮なれど、油切れてどこも重くなってたので、分解前にネジ周りにCRC666を吹いてしばらく放置しておいたんだけど、なにげにハンドルノブとハンドル根元の注油口が凝ってて面白い。写真では分かりにくいかもだけど、ボールペンのペン先みたいな感じで丸い頭が顔を見せてるので何だろうと思ったけど、これ下からバネかなんかで球状の蓋を押し上げてる構造のようで、真ん中の丸いのを潤滑油のノズルの先で押さえると隙間ができて油が注せる。ハンドルノブのは後年のモデルでは開放しっぱなしの穴だし、ハンドル根元の注油口は普段はねじで蓋する方式を経て後年省略となってしまった。昔の方が職人さんが技を効かせてたって話は良く聞くけど、確かにこういう細かい所に凝った仕組みを使ってるのは、今みたいにせせこましく経費削減のことを考えないといけなくなる以前の”良き時代”を感じさせてくれる。とともに、やっぱりPENNってセネターとか庶民的な両軸だけど、トローリングの世界でインターナショナルシリーズっていったら高級トローリングリールの代名詞で、スピンフィッシャーもこの時代は細かい所まで贅を尽くした高級品だったのかなという気がした。

 高級品説を裏付けるもう一つのポイントがスピンフィッシャーにしては珍しく、スプールが樹脂性だというところ。てっきりアルミを緑に塗ってあるんだと思ってたので意外に思うと共に、PENNの樹脂部品ってワンタッチのドラグノブがよくヒビが入ってる印象があるけど大丈夫かな?とちと不安になる。けど現状普通に生き残ってるということは大丈夫で、当時の最新素材であったであろう樹脂素材をおごって軽量化を図ったんだろうか。アルミ製のと互換性あるの?っていうのは不安だけど、アルミの方だとなぜかドラグノブが550ssgのが使えるそうなので試してみたら、この樹脂性スプールでも使えたので大丈夫そうではある。

 樹脂性スプールだけど、真ん中には金属のスリーブが入っていてドラグは3階建て方式で今の4500ssとかのドラグパッドがそのまま使える大きさで、ドラグパッドは今のカーボンシート剥き出しの感じよりは樹脂でしっかり固めてある。ドラググリス塗って調子をみたら当たり前にドラグとして良い感じに機能している。面白いのはドラグパッドの一番上の主軸に固定される金属ワッシャーと、ドラグノブのドラグを押さえる金属面に穴ぼこと出っ張りがそれぞれ設けられていて、ドラグを締めていくと、ドラグ効くあたりになるとカチカチと締める感触が得られるとともに、締めたドラグが不用意に変わってしまわないようになっている。4400ssとかユルユルドラグで使ってると、ベール起こすときとかに触ってしまうのかドラグが緩んでしまってるときがあったりするけど、これだとそういうことは無いだろう。芸が細かい。ちなみに4桁第3世代スピンフィッシャーのユルユルドラグ時のドラグ緩み問題は、スプール共通でドラグノブが防水パッキン付きに進化している第四世代スピンフィッシャーのドラグノブに交換してやるとほぼ解決できる。なのでssg自体は430ssgしか持ってないけど、4400~5500ssには第4世代ssgのドラグノブを付けている。ので先ほどスプールの互換性の間接的な確認に使った550ssgのドラグノブは我が家では5500ssに装備されていたのである。

 他にも最新素材を惜しげもなく投入したんだろうなと感じたのがラインローラー。オークション時の写真にもなんか濃い灰色っぽい色で写ってて素材が不明だった。硬質クロームメッキが剥げて地金が錆びてるのかな、あるいは黒っぽく見えるタングステンとかの堅い金属かなと疑問に思ってたけど、届いてみるとどうも質感からいってセラミック系のようである。掃除して注油してやったらちゃんと回ってる。錆々に腐蝕してたらどうにもならんなと一番心配していたけど、流石PENN腐蝕には強い素材を使ってございます。

 あと面白かったのは、ベール反転機構の反転レバーを蹴飛ばす部分が、714zではアルミでベアリングを押さえる蓋が作ってあって、そのアルミに穴を設けてそこから蹴飛ばすためのステンレスの部品が飛び出してるんだけど、712では男らしくベアリングを押さえる蓋自体が真鍮で、その真鍮をちぃと曲げて尖らせて蹴飛ばす方式になってる。スプール樹脂製で軽くしても、本体部品はあくまで錆に強く耐久性のある素材で作ってるところがPENNなのであった。っていう作り方してたのを、714と716という”スパースポーツ”だったり”ウルトラライト”だったりする小型機を造るにあたって、真鍮部品でアルミに置き換えることができる部分はアルミに、ってやったんだけど蹴飛ばしはやっぱり耐久性考えるとアルミじゃ不安だ、ってなってわざわざステンレスの部品を追加したんだろうなと思うと、PENN社の錆びないように、壊れないようにっていうこだわりが、設計思想が、やっぱりとっても頼もしく感じられるのであった。

 という感じで、なかなかにスピンフィッシャーの歴史を、古き良き時代のアメリカの物作りを感じさせてもらえる分解清掃だったんだけど、1つ不具合が生じてて、腐蝕でスリーブが太ったのかあるいは何らかのゆがみでも生じているのか、ハンドル軸のギアが抜けてくれなかった。コイツ抜けないと逆転防止関係もちょっと抜きにくいので、仕方ないので、抜けるところまで引っ張っておいて、ブラシとパーツクリーナーのノズル突っ込んでゴシゴシシュッシュと古いグリスを除去して、最後はいつものように、青いグリスを特盛りにしてグリスシーリングで仕上げておいた。力技で無理矢理抜くとろくなことがないというのは経験則で学んでいる。

 グリスとオイルがまだ馴染んでないし、組み直してアタリが取れてない感じもあって、やや巻きが重いけど、もともとウォームギアは重めでしっとり滑らかな巻き心地が売りでもあるし、経験的に使ってればちょうど良い塩梅ぐらいには軽くなってくると思ってる。ハンドル軸のギアが抜けなくなってるのも回して適度に削れれば抜けてくれると信じたい。
 とりあえず分解清掃しての整備は無事終了で使用可能な状態になって、破損している部品とか探さねばならんこともなくて、とりあえずめでたしめでたし。お野菜の色を料理に生かしたいなら白出汁白出汁という感じだけど、じゃあコレが良い値段で売れるかというと、最初に書いたように絶対に3千円ぐらいにしかならない。ワシが半日がとこかけた手間暇など誰も評価してくれないっていうか、書く分には「分解清掃済みで使用可能」って書いても、それ確認しようがないって話で、やっぱり見た目をどうにかせねばならんっていうのが、リール売りさばくなら重要なんだろうなと思う。

 ワシの苦手な分野である。新品で買ったのならともかく、中古で買ったリールの塗装が剥げちょろげてようが、銘板がなくなってようが、機関がちゃんとしてて魚釣れればイイじゃんって正直思ってるので、手に入れたリールをきちんと機能するように整備してやろうっていうのはやる気満々で取り組めるけど、美しい外観にしようっていうのはあんまりやる気わかないのよね実際。
 塗装技術で元のとおりとまでいかなくても、緑一色に塗り直すだけなら何とかなるだろうって気もするけど、丈夫な塗装にするにはどうすれば良いかとか全く知識がないので手が出せない。車用品店でスプレー塗料買ってきてプシュプシュやればできるのなら簡単だけど、全く一緒の色目の塗料が手に入らなければ今塗られている塗料を剥がす必要があるのか無いのか?とか悩ましい問題はありそうで、そんなに簡単ならみんな自分でリペイントするだろうと思うけど、ルア-のリペイントなら珍しくないし、ワシも簡単なのならできるけど、リールのリペイントって工房に頼んだら良い値段してる印象しかなく、素人にどうにかできる気がしない。
 じゃあなんか素人にできることはないか?って考えて、以前アルチェードの「2CS」をいじったときに、シールベタベタ貼って上からウレタンかエポキシでコーティングして”痛リール”をつくったろうかしらん。って考えたのを思い出して、シールでごまかすっていうのは割と簡単で良いかもしれん。ダメだったら剥がせば原状復帰できるしなと思いついて、とりあえず試してみました。
 せっかくのアメリカンなリール、アメリカンポップカジュアルな雰囲気でアンディ・ウォーホルとまではいかなくても、たとえばフェンウィックのグラス竿のロゴ「FENGLASS」とかの良い塩梅のくだけた気安い感じを目指してみたい。

 ウインドウズの「ペイント」で適当にお絵かきする。
 銘板は720の”お魚銘板”の感じを取り入れて、背中は赤地に白文字のPENNのロゴの配色で「SPINFISHER」、フット側はアメリカンな感じを前面に星条旗背景に「U.S.A.」ときたもんだ。シールプリントできる光沢紙を買ってきて大きさいくつか用意して最初は普通の紙で試し刷りして大きさ微調整して刷ってみる。
 この時点ですでに失敗臭は漂ってたけど、貼ってみたら案外決まるかもと貼ってはみた。

 ご笑覧あれ。
  
 ダメだコリャ!

 徹底的に美的センスに欠ける代物になってしまっていて、これでウレタンコートかけて完成させようって気には当然ならず、ペリペリッと剥いでおいた。まあ何事も経験である。ワシは美的な方向を目指してもダメだというのが分かっただけでも良しとしておこう。
 丸い銘板は素人臭くも悪くはないけど、緑に赤地はドぎつすぎたし、星条旗にいたってはアホにしか見えん。まあ実際アホなんだろうけど、712自体は断じてアホじゃないから相応しくない。
 この見た目でネットオークションにかけたら、3000円以下の値段しかつかず、落札者は届いたらまずシール引っぺがしてウレタンが残ってたら有機溶媒で拭き取ることだろう。

 とりあえず、見た目は無視して2号ナイロンでも巻いて使ってみるか。ってところにおちついたけど、いろいろ勉強になったし”おうち時間”の暇もつぶせていい”遊び道具”ではあった。4千円がとこの価値は充分あったと思うことにしよう。
 良い魚も釣れて、スピニング熱は寛解してくれるんじゃないかって思うけど、それはさておき、とにかく早くコロナ禍落ち着いて近所漁港で豆アジ釣れるようになってくれと願わずにいられない今日この頃。皆様も悪い病気をこじらせないようにご自愛ください。

2021年5月29日土曜日

夢にまで見るふるさとは

  NHKオンデマンドを契約したときに、ざっとどんな番組が観られるのかなと眺めて、お気に入りに登録して、それでもなかなか視聴できないでいたNHKスペシャル「被曝の森」シリーズを、「被曝の森2021」が来てたので、精神的に傷を負いかねないような重い内容だろうことを覚悟して「被曝の森(2016版)」「被曝の森2018」とあわせて視聴した。

 チェルノブイリ原発事故の跡地でも、野生動物が元は街だったところにまで進出してきていて、放射性物質の悪影響よりも人間活動が無くなったということの利点の方が野生動物達には大きいという事実に驚かされた記憶があるのだが、福島の帰宅困難地域等でも、人間が居なくなった集落には、イノシシがニホンザルがアライグマがネズミが事故後ほんの5年で我が物顔で棲息するようになっていた。元の住民達は一時帰宅の許可を得るたびに荒らされていく我が家に危機感を覚え、除染が進んでも野生動物をどうにかしないと生活していけないと不安を抱えているという。

 そういう状況の中、ある科学者が「こう言い方をするとわるいけれども、(”フクシマ”は)放射能汚染の壮大な実験ほ場なっている」とあえて不謹慎ともとれる発言をしているけど、放射性物資の挙動や被曝の動植物への影響を科学者達はあきらかにしようとしている。そこから見えてくる事実をNHKも長期にわたって追いかけている。

 科学的にあきらかにされた事実として、多くの生物が放射性物質で汚染されていて、放射線の影響を受けて松が上に伸びずに根元近くから枝分かれしてたり、禿げちょろけのウグイスが多く見つかったり(因果関係は継続調査中)、アライグマで染色体にも被曝の影響の可能性が高い異常が増えたりというのが見つかってて不気味なんだけど、それ以上に驚かされる事実が生き物たちの生命力の強さで、最も放射性物質が溜まりやすい地表の土に生活の場を置くアカネズミが染色体とかには異常は多くなく割と平気なようにみえたり、被曝したニホンザルで骨髄の造血組織がスカスカになってるにもかかわらず、血液自体の異常はみとめられないというなんでやねん?と首をかしげざるを得ない事例が出てきたりして、まあ野生生物の場合は沢山産まれてくるなかで、たとえば放射線によって致命的な染色体的異常を抱えて産まれてきたヤツは淘汰されて死んでしまうので科学者の目にも触れないってこともあるんだろうし、まだ長期的な影響は出るかどうかも含めて分かってないって話もあるんだろうけど、それが10年経って、世代交代の早いアカネズミには精原細胞を増やして精子の受精能力を補って保つようになっているように見える事例が出てきたり、ニホンザルでは染色体の異常が蓄積するのではなく回復する傾向がみられる場合があるとか、放射性物質による汚染、放射線被曝にさえ適応してきているように見える生き物の”強さ”に驚愕する。

 そういう強い野生生物をどうにかしないと、除染が進んで帰宅がゆるされても帰れない。猟友会が定期的に”駆除”してもとうて追いつかないようで、住居などをビリビリッとくる電気柵で囲って、人が檻の中で暮らすような状況に陥っていると除染が進んだ地域で帰宅の準備をする住人はため息をつく。10年経ってもともと居なかったツキノワグマさえ姿を現しているとのこと。

 故郷離れて5年の猟師のジ様が柿干しながら「夢で見るよなふるさとは、夢に見るよりまだ遠い」と哀切のこもった良い声で歌うのを聞いたときには、視界が涙でにじんじまった。


 明らかになった事実の一つとして、水源の川は汚染されていないというのも意外だった。森の土が放射性物質のダムとなって貯め込んでいるってのもあるとのことで、水が汚染されていないこと自体は喜ばしいことだろう。ただし、半減期が30年と長い放射性セシウム137などに汚染された土が残り続けることで、別の場面では悲劇的な状況を生んでいるようだ。

 セシウムは植物に重要な栄養であるカリウムと性質が似ていて、植物がそれを取り込むことにより、植物が放射性物質に汚染され続けているらしい。そして、植物を餌としてあるいは巣として利用したりして動物も汚染されつづけ内部被曝に晒されつづけている。生態系の中で”被曝の循環”が起こっているとのことである。植物は特に動物達の餌になるような花や実に濃くセシウムを取り込んでいくらしい。

 林業家が科学者からその報告を聞いて、”間伐”で線量をさげようとしても土壌のセシウム汚染がある限り難しいと知り、諦めたような力の抜けた声で「オレらの(林業の)時代は過ぎちゃったな」と呟いていて、その悔しさ無念、いかほどのものであったか、それでもオレらの時代は無理でも次の世代には何とかしたいという気持ちも見えて、涙なしには観ていられなかった。田畑なら別の土地から土を持ってくる”客土”もあり得るかもしれない、でも山林規模ではそれは無理というものだろう。無理を承知で東電が政府がやってあげろよと、責任取れよと思ってしまう。でも現実には線量の多い山林は除染の対象である復興拠点からも外されてしまっている。どっかの”賢い人”の”効率的な判断”なんだろうけど、ひたすらひでぇ話である。さらに完全に被曝の森の中だけで放射性物質が循環しているとは限らないようで、夏に大気中のセシウム濃度が高まるようで、原因としてはキノコの胞子が疑われるというのも不気味である。

 ただ植物が放射性物質を汚染された土から取り込むということについても、10年経って「被曝の森2021」では新しく芽生えた木が意外に放射性物質を取り込まないということが明らかになってきたと報告されていて、林業者はいつか豊かな森に再生することを願って、植林地の手入れを再開していた。次の世代に引き継ぐために。


 ふるさとに帰ることができる日を、願いながらもなかなか思うようにいかない福島の避難区域の人々。避難指示が解除されればすぐ元の生活に戻れるってわけでもなく時間がかかる、野生動物や除染、汚染土の処理の問題にどう対応していくのか、時に避難している住民達は”妥協し”お国の方針に翻弄され、諦めたり、それでも諦めきれなかったり。避難解除になって前向きに復興に向けて動き始められた人はまだ救いがある。でもまだ避難解除にならない地域もあり、人はいつまでも待つことはできないし老いるし病にも倒れることもある。そんな中で病気などを苦にして一時帰宅したふるさとの我が家で自殺した人がいたとのことで、哀しいことだなぁと感じたけど、その自殺方法を聞いて心に強く衝撃を受けた。”割腹自殺”だったそうである。彼が何を思って腹かっさばいたのか、分かった気になるのも失礼だけど、それでもある程度は誰にでも分かるコトだと思いたいけど、分かってしかるべき、今回の事故において責任を取らねばならぬはずの人々、世が世ならテメエらが責任とって腹切る話だろ!って思う、東京電力の当時の偉いさん、原子力政策進めてきた政府の官僚や政治家達には”分からない”んじゃないだろうか?って不安でならないので、あえて不粋にも彼の心情を推し量ってみるなら、当時のワシも含んだ都会の人間とかがジャブジャブ電気使って便利に暮らすためや、自分たちが直接働いてるわけじゃない企業が工場動かしたりするために、電力会社が国や自治体と一緒になって安全神話を信仰のよりどころのようにして、時に地域に補助だの地域経済の発展だのなんだの甘い餌をちらつかせて騙くらかして原発おっ立てて、地震の巣の上に住んでるような日本で”想定外”とかクソ間抜けな言い訳しか出てこない悲惨な人災が起きて、その結果、父祖より引き継いだ田畑山林が場所によっては100年からを越えて使えないほど汚染され、健康被害は”直ちにはない”と言われてもそれって長期的には分かってないってことだよねって不安でならないだろうし、地域の社会は避難でちりぢりになり分断され、自分は避難先の慣れない生活で心労も重ね、病に苦しんでいる。誰が責任を取ってくれるんだ、誰がこの責任を取れるというのか、取れるはずもないけど取ろうともしていないようにしかみえない。裁判所(東京地裁)さえ、旧東電幹部の責任を全面的には認めず無罪判決をだす始末。福島第一原子力発電所の事故で踏みにじられた人間の”やってられるかよ”というような強い憤り怨嗟、抗議、怒り、悲しみ、喪失感、無力感、後悔、絶望、あれやこれやが、割腹自殺と聞いていやがおうにも”そりゃあったんだろうな”と心に突きつけられた気がした。それらについて、電気ジャブジャブ使って便利に暮らしている自分たち含め、今一度思い、考え、理解しようと努力して、何を自分たちが求めるべきなのか心に問うべきだと強く思わされた。今の時代に”割腹自殺”ってよっぽどのことだと、それ程の思いを原発のせいで酷い目にあわされた人が胸にしているというのは思い至っておらず、自分の浅はかな無関心さや電気ジャブジャブ使ってきた罪を深く反省させられた。心から申し訳なく思い、ご冥福をお祈りするしだいである。


 何度も書くけどワシャ”原発反対”である、何度も書くけど、電車の発着時間が世界最高程度に正確だってくらいに細かい性格の我れらが日本人が管理してさえ、我が国で過去に2回も臨界事故を起こしている。チョロっと”お漏らし”程度の人的ミスは数え上げるとキリがないだろう。人間は失敗するウッカリする上手にやり損なう。上手に管理するので大丈夫です、っていうならなんで2回も事故ってるんだって話で、核分裂自体が管理がそもそも難しい現象で、原発っていうのは発電方法として管理がしきれないものだ、というのが分からんのだろうか?爺さんボケ始めて交通事故2回起こしたら、だれでも免許返納するべきって思うだろってのと一緒っちゃうの?どう考えてもあぶねぇって分からんのかね?

 じゃあどうするのか、一つには日本も世界の工場の座は中国始め新興工業国に取って代わられてしまって、もう電力需要自体が景気よくモノ作ってた時代ほど大きくないから化石燃料使う火力発電でも二酸化炭素排出量自体はある程度削減できちゃうんじゃないかという気はする、その上で、今はあんまり上手くいってない持続利用可能エネルギーを使った発電方法に切り替えていくっていうのだろうって思う。現実的には風力発電は鳥の衝突やら振動による周辺生物への影響とかの問題を抱えていて、太陽光発電は二酸化炭素排出削減しましょうって趣旨で推進してるはずなのに山の木を切って”メガソーラー”とか本末転倒な事例がでてきて自治体も対策で条件つける条令作り始めたりと黎明期の混乱的な状況にあるけど、技術的、制度的に改良しながらそういった発電方法を推進していくってのが取り得る手段だとやっぱり思う。”フクシマ”で米作るのを諦めた田んぼでメガソーラーっていうのは事ここにいたってはそれはそれでありかもなと、ちょっと感心した。田んぼの持ち主からしたらずっと稲育ててたかったんだろうけどね。メガソーラーのパネルから妖怪”泥田坊”が「田~をかえせ~」って湧いて出てきそうではあるけど次善の策ではあるのかなって思う。

 NHKはよく”偏向報道”とか言って叩かれてるけど、報道番組はみてないのでそっちはよく知らんけど、ドキュメンタリーでこういう現行政権が推し進める政策に真っ向から疑義を呈するような番組の視点って、報道機関として当然あるべきものでそれが務めだろって思う。完全な中立なんてあり得ないわけで、観る人の立ち位置によっては左に寄ってたり右に傾いてたりするんだろうけど、報道機関が政権与党の大本営に沿ったような報道し始めたら世も末である。第二次世界大戦中の日本やらSF小説「1984年」の世界である。ワシャ左利きの右翼を自称する人間だけど、NHKの硬派なドキュメンタリー番組には金払ってオンデマンド視聴しているパトロンの一人として満足している。報道する側の言いたいことってあるんだろう、それを読み取った上でどう判断するのかは、視聴者の責任だと思う。アホみたいに垂れ流された情報を鵜呑みにすることを前提にした批判はアホのすることだと正直思っている。情報の取捨選択や裏付けの確認とかは、この情報化社会を生きる人間の必須技術だろうと思っている。完全に正しい情報なんてのは視点が違えば解釈も違うので有り得なくて、そんなものの入手はまず無理にしても、「NHKは現政権には批判的だな~」ぐらいの予備知識を持って、それ差し引いて物事を考えるなんてのは、よっぽどの馬鹿以外は普通にやってるでしょ?ッテ話。

 NHKには引き続き、”フクシマ”の事実(とNHKが考えるもので良いンです)を追いかけて報告してもらいたいと期待している。ワシもせめてそれを観てこの悲劇について考え続けていきたい。

2021年5月20日木曜日

未完の大作「ベルセルク」

  マンガ家、三浦建太郎先生の訃報が。画業お疲れ様でした。謹んでお悔やみ申しあげます。

 物語が壮大すぎて、作者の在命中に完結しないだろうと思ってたマンガに三浦先生の「ベルセルク」と諸星大二郎先生の「西遊妖猿伝」があって、「ベルセルク」が現実に未完となってしまって残念ではある。残念ではあるけど今まで描かれた物語部分で既に凡百のマンガを凌駕する面白さを楽しませてもらっているのでオタクとしては、「今までありがとう」って感謝の気持ちしかない。

 ベルセルクは、”魔”が跋扈するダークファンタジーで、主人公のガッツは”魔”となった友でありライバルでもある”グリフィス”に生け贄の烙印を押され、オノレの運命に抗い闘うっていう大筋なんだけど、まあその”魔”たちがおどろおどろしくも緻密にものすごい書き込み量で描き出されていて、不気味で迫力のある世界観を醸し出している。

 そんな中で主人公ガッツは、絶望的な闘いを繰り返すんだけど、だんだん仲間も増えてしぶとく生き残って物語世界を突き進んでいた。

 ガッツの台詞格好いいのが多くて、良く引用させてもらったりしている。「戦場(船上)には手に馴染んだものを持っていきてぇからな。」とか「祈るな!手がふさがる!」とか全くその通りだと思う。他人任せで神に祈ってる暇があればテメエのその手を動かしておけってのはナルホドナという感じ。

 ただ、ルカ姉さんの「後で自分に言い訳だけは ほざかない様にしないとね」って台詞には、後でせめて言い訳ぐらいほざけるように、アリバイづくりのような「ヤるだけヤッタ」感を醸し出すことに腐心していたりする自分を鑑みて、頭ポリポリ搔きつつ反省させられた。

 ものすごい書き込み量で魂削って描ききってきたので、三浦先生は自分に言い訳はしなくて良いンだろうなというような画風だっった。遅筆で有名だったけどアレは早く描けといっても無理ってもんだろう。

 三浦先生、本当にお疲れ様でした。胸躍るマンガをありがとうございました。マンガ描いてるときはろくに休めなかったでしょうから安らかにお休みください。

 しかし54歳って、なんとも早すぎるゼ、先生・・・哀しいね。合掌。

2021年5月15日土曜日

めんつゆかけときゃなんとかなる!ーナマジのビンボ飯実践編ー

 

 我が”生け簀”こと近所の漁港に”釣り自粛”の看板が立ってはや半月がとこ過ぎた。この間、キス釣りはゴカイ掘るのがしんどくてジジイにはキツく、梅雨入ったんとちがうか?と思うぐらい雨が多いなか、シーバス狙って夜な夜なくり出すもコバンのご飯にセイゴ確保するのがやっとの有様で、久しぶりにオカズのほとんどをスーパーにて買うことになっている。

 まあ、港町で魚が安いので、2匹で178円のムツとか煮付けて食っておけば何の問題もないっちゃないんだけど、それはこの地が魚が安いからできる献立であって、金はかかってないけどナマジの考える”ビンボ飯”とはちょっと違う。

 というわけで、安い魚があればまあ買わんわけにはいかないけれど、魚以外も積極的に買って、これぞビンボ飯という料理を実践して皆様にご紹介できたらなと、ここ最近せっせとお料理に励んでいた。

 で、自分でも意外に思ったのだが、ワシの料理は”めんつゆ”でだいたい片がつく割合が異様なぐらい高い。昔はめんつゆなんて醤油酒味醂に砂糖適当に出汁ぶち込みゃいいだけで、作っても簡単なものを、なんでわざわざ買わなければならないのかと思っていたけど、これが買ってみると分かるんだけど、とにかく和風の味付けはほぼコレで決まる。砂糖足したりとかはあるけど、だいたい和食って出汁とって醤油酒味醂に砂糖少々でそれっぽい味付けになるので当たり前っちゃ当たり前で、いつも同じ味付けなら最初っから混ぜてあって、かつ濃縮してあって薄めれば濃いも薄いも自由自在な、三倍濃縮とかの”めんつゆ”を使うと、簡単で時間短縮になるうえに味が安定して決まってくれるようになる。封を開けなければ日持ちもするので特売日に2本とか買いだめしてるけど結構な消費量である。ちなみにビンボ飯じゃない”お魚食い放題”の食生活においても、煮魚に、タタキのタレにと重宝する。

 で、まずはこれぞビンボ飯初級編というヤツから紹介していきたい。

 まあ、あれだ要するに卵なり大豆製品なりを買ってきて、薬味ぐらい追加しつつ、めんつゆ掛けて食うという料理とも言えないぐらいの料理だけど、これだけでも充分美味しい食事になるうえに安くてお腹が膨れるっていうことを、”自炊はハードルが高い”と思っている人に教えてあげたい。とにかく米を炊いて、そのまま手を加えなくても食える安いオカズにめんつゆ掛けて食っておけと、とりあえずコレを”ケ”の日の食事として節約して、”ハレ”の日にに外食やら総菜買ってくるやらを織り交ぜてお金をあまりかけずに飢えずに暮らすというのは、現実的ではないかと思う。薬味とかの工夫でカップ麺よりは栄養的にも充実したモノにできるはず。

 具体例として右に写真で並べたのの上から、まずは「卵かけご飯」である。最近はめんつゆにチョイとゴマ油を足すのが気に入っている。卵かけご飯用の醤油とかも売ってるそうだけど、ケッて感じである。醤油でもめんつゆでもあるもんかけてかっ込んでおけと。

 真ん中の写真2つはどちらも「冷や奴」なんだけど、上が生姜すってめんつゆかけただけの単純版で、これはこれで手早く食べられるし美味しいんだけど、下はちょっと贅沢して新タマネギ薄切りにして水にさらしたものを乗っけた版。作り置きの味噌汁もよそって栄養バランスもなかなかに向上している。

 一番下のが、写真では厚揚げに大根おろしとめんつゆかけたものとしか見えないけど、これは実は温度が重要で、袋に入った厚揚げの袋の端を切って、レンジで暖めてから大根おろしとめんつゆかけているのである。味を想像していただきたい。そう、これはちょっと衣が薄めの”揚げ出し豆腐”なんである。違うっていう人は違うと思っててください。我が家ではこれが揚げ出し豆腐です。レンチンと大根おろすだけで、居酒屋人気メニューの揚げ出し豆腐的な何かが爆誕!

 次からはもうちょっと”料理”要素が増えます。ちゅうても簡単。まずは、「貧乏人の肉野菜炒め」、はいもうお馴染みですね”貧乏人の肉”こと油揚げが、実に良い仕事をしてくれる一品です。肉野菜炒めだけど本物の”肉”は無し。

 今回のは直売所でほうれん草が安かったので、ほうれん草3わとあげ一袋の半分で、かかった金額100円以下。

 作り方も超簡単で刻んだアゲを鍋に入れて、その上に手で握り切るようにブチブチと食べやすい大きさに切ったほうれん草をパラパラと乗っけて、ちょっとめんつゆかけて蓋締めて中火に掛ける。ジュウジュウいい始めたら適当に混ぜて再度蓋をして火が通ったら味見して、適宜めんつゆ追加で完成。油揚げの油っ気で鍋に油を引く必要もなく簡単に調理できるうえに、めんつゆとほうれん草汁を適度に吸った油揚げが実に良いお味。これは野菜をキャベツにしたり小松菜にしたり、タマネギ加えたりとその時々の手に入る野菜で適当に作ってしまえば美味しくできると思います。

 なんか、豆とか卵とかばっかりで肉が足りんとお嘆きの肉食系の皆様お待たせしました。
 肉も貧乏でも食って良いンです。安い肉の代表といえば、外国産の鶏胸肉で100g100円を切る安さですが、日本の養鶏業者さん頑張ってくれてるから、ワシ国産のを買ってあげたい。となると閉店間際の半値札狙いというのも手としてはあるけど、そんなことしなくてもいつでも安い鶏肉がある。何かというとハツ、レバー、砂肝、鶏皮である。砂肝とか普通に串に刺して塩味で魚焼きグリルで焼けば、お家で焼き鳥屋さん気分である。100グラム100円切る値段でこの美味しさ。そして右の写真、ちょっとくせがあって砂肝ほど万人受けはしないかもだけど、ハツとレバーがくっついてコレも100g100円を切る値段で、レバーの血を連想させる独特のコクとか大好物なので安いのは超ありがたい。軽く湯がいて辛子醤油で食べるのが意外に生臭さも感じずお薦めだけど、今回は”めんつゆ”料理なので、「鶏レバハツすき焼き風丼」で行ってみました。料理はこれも簡単。タマネギ薄切りに砂糖少々とめんつゆ適量加えて鍋でグツグツいわせます。適当なところで切って水洗いしておいたハツとレバーを加えて加熱。適当なところで混ぜて均一に火が通ったら、ご飯にぶっかけて食います。冒頭の写真が完成品。タマネギの汁でめんつゆが薄くなるのでちょうど良いめんつゆの量があるけど、適当でだいたい何とかなります。タマネギ抜きでも、タマネギの代わりにネギとかでも問題なく美味しくできます。ちょっと牛丼っぽいジャンクな味わいで腹がふくれること請け合い。

 ついでに、鶏皮が出てきたのでお家で焼き鳥屋さんの様子を紹介。鶏皮とにかく脂が多いので汁ものに少量入れるだけで、肉が入ってる感が醸し出されるのだけど、沢山食おうとすると脂きつくて爺さんお腹壊しそうになる。ということで焼き鳥にするときには、最初に下ゆでとかして脂をある程度抜いてやらないととてもじゃないけど食べられない。鶏皮自体はワシゃアジ釣りの餌にも使ってるぐらいで非常に安く100g50円ぐらいしかしない。でも焼き鳥屋さんで食べるとそれなりの値段がするのは、美味しく食べるには結構下処理とかに手間がかかってるのでその手間賃だろうと思う。

 作業工程は一口大に切って茹でて(ゆで汁を”チー油”と鶏皮出汁に分けて料理に使っても良い)ザルでこして、串に刺して塩振って焼く。以上。

 って感じだけど、茹でても脂っ気が多い。年寄りには脂っこすぎるなコリャって思いつつも、美味しく食べた。

 ちなみに、味噌汁の出汁をこれまで釣ったアジのアラの焼き干しとかでとってたんだけど、アジの生産が止まってしまってるので、こういうときも実はめんつゆ活躍する。出汁が入ってるのでめんつゆ薄めに溶かした上で味噌溶いてやると、カツオと昆布の合わせ出汁の豪華な味噌汁になる。

 てな感じで、めんつゆがあれば味付けなんてほとんど悩まず決まってくれて、時間短縮できるし簡単で美味しいものが食べられるので、ビンボ飯の実践のさいには是非濃縮タイプの”めんつゆ”をお忘れなく。安くて旨い食事を楽しんでください。

2021年5月8日土曜日

待てばジャンクの出番ありⅡ-30年物の安ゴミ竿の再利用-

  前々回、病気の症状が竿に来て、深棚のアジ釣りに使ってる「枯山水540」の元2番がヒビいってメシメシ言い始めたので、代替の竿としてダイワ「CW早霧 硬調54」を中古屋のネット販売で入手したとご報告しているところだが、モノが届いてみて問題が判明した。いつも使ってるハヤ竿の「早霧45」のシリーズの5.4mの”渓流竿”だと思って購入したんだけど、どう見てもハヤ竿である。なんというか古い竿なのでメーカーの提供情報とかも当時のカタログ参照しないと分からんので、中古品ネット購入ではありがちだけど全然土地勘無い状態でエイヤと購入してる。これ、ひょっとして「早霧」と名前の付くのはハヤ竿なのかもしれない。渓流竿は「朝霧」とかっぽい。下の写真の一番上が「早霧45硬硬調」、真ん中が今回入手の「早霧54硬調」、下が「枯山水540」で、上2本は細くて並べれば見た目でもハヤ竿と分かると思う。


 まあ黄色いお店の店員さんが、分類で「渓流竿」としてたわけだけど、ハヤ竿(清流竿)って黄色い店の整理だと渓流竿に入れるのかその他竿に入れるのか微妙なところで、ワシがあんまし分類方法を理解してなかった落ち度もあるし、黄色いお店の店員さんの知識の無さには幾度も美味しい思いもさせてもらっているので、交渉して送り直してとか面倒臭くなって、とりあえず使ってみることにした。ハヤ竿手にして気がついたんだけど、渓流竿より柔いハヤ竿であれば、伝家の宝刀である全力のビックリアワセも柔々と衝撃を吸収してくれて合わせ切れ減るんじゃないだろうか?というのも期待できるしで、上手くいくと怪我の功名となりえる。20センチこえるマアジを5m以深の深場からハヤ竿で引っ張り上げて来るっていうのは間違いなく引き味最高で面白そうだけど、制御不能で走られて回転数的には効率落ちそう。あと、早いアワセの伝達が柔い分ゆっくり伝わってアワセの遅れとかも生じるかもしれない。そのあたり早く実戦導入して試したいところだけど、コロナ禍で近所漁港”禁漁”状態なので、解禁して次釣るときには浅棚の豆アジ釣りのはずなので、実戦導入は来春ということになるのかな。

 というわけで、5.4mの渓流竿自体は先の方折れたのを補修して使ってるボロい抜無双54と、元2番がメシメシ言ってる枯山水540の2本という状況変わらず、早霧54は別方向からの取り組みという感じなので、枯山水540の後継竿は引き続き探したいんだけど、当然その分のオゼゼがかかってくる。その上我が家の竿の上限基準値120本の達成も遠のく。一応、送料抜きで3千円台ぐらいで安く手に入らんかなと何度かネットオークション参加したけど、微妙に競り負ける。アタイ悔しい!

 面白そうだとはいえ当初予定にないハヤ竿を買ってしまい、ガッチリ予算掛けることははばかられる状況下で、なんとか元2番が折れそうになってる枯山水540を修復する方法はないかと知恵を絞ってみた。

 一番良いのは、同じ竿で先の方が折れているジャンク竿を見つけてきて双方の良いところを使って”ニコイチ”で元通りっていうのだとおもうけど、そんな都合の良い代物がおいそれと見つかるわけがない。

 似たような竿の元と元2番を持ってきて交換っていうのができないか?と試しに抜無双のと交換しようとしたけど、抜無双の方が細くて入らない。ただそれで気がついたけど、交換用に引っ張ってくる元と元2番あたりが枯山水540より太くて、枯山水540の元2番より上の部分が通る太さがあれば、スカスカな部分はセキ糸巻いて瞬間接着剤で固めてサンドペーパーで削って等”コミ調整”してやれば何とかなる気がしてきた。あまり曲がる部分じゃない手元のほうなので曲がり方とか性格が違う竿から持ってきても問題は少ないはず。あるいは、コミ調整するかわりに、伸ばすときにちょうど収まる太さのところで太い方の”材料竿”をぶった切るという乱暴な方法の方が繋がりの自然さでは良いかもしれない。

 となれば、探さなければならないのは、とにかく枯山水540の元3番からが突っ込める太さのあるのべ竿の手元の方。でありこれなら太さとあとは仕舞い寸法ぐらいを確認してジャンク竿を入手すれば良いはずである。

 って考えたところで、そういえば我が家の蔵に1本手元が太目のジャンク竿があるぞと思い出す。学生の頃バッタモン屋で千円チョイナで買って当初渓流で使ったけど、すぐに渓流ではフライロッド振るようになってお蔵入りの後、東北の港でチカ釣りするのに先の3mぐらいだけ使って、そっちは津波に流されて元だけ残ってるグラスの太い竿。コイツに30年近くの時を経て新たな役割を与えよう。

 枯山水540の元3番をあちこちに突っ込んでみると、ジャンクグラス竿の元2番ではスカスカ。ここで枯山水540の元3番の根元にセキ糸巻いて適度に太らせるという手もあるけど、先ほど書いたようにその上のジャンクグラス竿の元3番を適切な位置でぶった切って、良い塩梅に枯山水の上の方につながるようにしたい。抜いたり刺したりしつつ位置を決め、最初はちょっと余裕みて長めに切ったつもりだったけど、はめてみたら1発合格、ある程度重なって良い位置で止まってくれる。切った上のところはセキ糸巻いて瞬間接着剤で固めて補強を入れておく。

 割と上手くいったと思う。見た目はボロいとしても機能的には問題なく復活したはず。
 ただ、長さが微妙に長くなってしまって15センチぐらい伸びた。「555枯山水硬調改」と銘を打った、っていうかペイントマーカーで書いただけだけどな。

 竿折れた場合は、メーカーに修理依頼して折れた部分の交換ぐらいしか方法はなさそうに思うけど、多少太さがドンピシャじゃなくても、切ったり貼ったりして調整してやれば、繋げるぐらいの補修は可能で、太さが似たような他のジャンク竿を持ってくれば実用可能な程度には復活させることはできそうだなというのが、今回作業しての感想。

 もちろん、竿の製造元の設計者が意図した曲がりだとかにはならんかもしれんし、見た目いかにも”ニコイチ”でカッチョ悪いけど、こういうモノを直して使うっていうことの楽しさを含めれば、その見た目もまた”わびさび”のうちってことで許せるような気もする。

 近所の港でおかずのアジ釣るの程度に、最新型ピッカピカの竿なんぞむしろ似合わねえって話で、適当にボロくなっても愛着持って使ってる竿っていうのは、そういう気安い普段の釣りには似合うんじゃないだろうかと思っている。

 しかし、絶対もう使い道無いだろうと思ってたけど、それでもタモの柄とか作るのに使うかもって残してあったジャンク竿が役に立つときもあるとなると、我が家にゃもう使えないようなボロ竿ゴミスピ、産廃ベイトが転がってるけど、ますます捨てるのが難しくなってしまうのであった。

 ゴミ屋敷作りだす人の気持ちは割と良く分かる。何かに使うかもしれないと思ってしまうとモノは集めてくることはあっても捨てることはできなくなるのである。それもまたそういう病気なんである。

 やっぱりアタイ病気が憎いっ!